早野歯科医院ブログ

2013年12月11日 水曜日

インプラントトラブル2-より詳しくインプラントを理解いただく為に

インプラントのトラブルについて再び書きます。
前回NHKのクローズアップ現代で取り上げられた影響が大きかったと書きましたが、この番組についてもう少し詳しく説明します。
番組は「自分の歯でしっかり噛む喜びを取り戻せるという治療方法インプラント。顎の骨に金属を埋め、人工の歯を取り付けることで噛む力を飛躍的に向上させます。
...ところが今、手術の際に神経を傷つけたり、骨を付きぬけたりして激しい痛みが残るなどのトラブルが急増しています。手術中に顎の動脈が切れ、患者が死亡する事故も起きました。
...というふうに始まっております。そして原因としては「腕の未熟な歯科医師がお金儲けのために自分の技量では難しい症例にまで手を出した結果、事故が起こる」としております。
最後の結びについてはアナウンサーが、小宮山彌太郎教授(インプラントの第一人者)に
『今の時点でインプラントをする際、どのような歯医者を選べばいいですか』と質問し、小宮山教授は、

『1.事前に各種検査をしてくれる
 2.結論を急がせない
  自分でメリット・デメリットをよく理解した上で受ける。
  納得できない場合は、セカンド・オピニオン、サード・オピニオンを提案してくれるところを選ぶべきだ』
と言っておられます。

この番組で述べられていることを逆に考えると、
『インプラントは、それを必要とする患者様に、各種検査をしたり、体調等をしっかり把握した上で手術可能であれば提案し、じっくり検討し納得していただいた上で、高い技術を持った歯科医師が施術を行えば安全になんでも噛めるお口を手に入れることができる優れた治療法である』
ということが言えるのではないでしょうか?






投稿者 早野歯科医院

カレンダー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31