早野歯科医院ブログ

2014年2月19日 水曜日

インプラントを用いたオーバーデンチャーー早野歯科医院ではインプラント治療をしています。

(⊹^◡^)ノo゚。*こんにちわぁ~*。♡
歯科衛生士の田中です。
先日には雪が降り、寒い日が続いています。
『インフルエンザ』『風邪』は、大丈夫ですか?
予防、体調管理を心がけてください。

さて、『インプラント治療におけるオーバーデンチャー』と言うことばをご存知ですか?
2本から4本のインプラントを埋入して、入れ歯の裏側とインプラントを結合し、入れ歯を動かないようにしっかりと安定させることができるインプラント治療です。
総入れ歯でお困りのほとんどの方が、顎の骨がやせてしまい、入れ歯を安定させることが困難のため満足に噛めないまま我慢をして入れ歯を使用しています。
この方法であれば、入れ歯がはずれずに噛むことができます。
著しく骨がやせてしまった患者様にも適応できます。
失った歯を全てインプラントで治すと多数のインプラントが必要になり高額な治療費ですが、少なければ治療費をおさえることができます。
入れ歯がインプラントでしっかり固定されるため、はずれにくくしっかり噛むことができます。
また、大きな外科手術が必要ではないため全身的負担が少ないことがメリットです。

インプラントと入れ歯を接合させるパーツは3通りあります。

【ボールタイプ】入れ歯と接する部分がボール状になっている物をインプラントに接続させます。それにピッタリとあう金具を総入れ歯に埋め込みホックでとめるように総入れ歯を数着します。


【バータイプ】埋め込まれたインプラントをバーと呼ばれるパーツでつなげます。そこにぴったり合う金具を総入れ歯に埋め込み、クリップでとめるように総入れ歯に装着します。

【磁石タイプ】入れ歯と接する部分に磁石を引き寄せる金属をインプラントに接続させます。入れ歯に磁石を埋め込み磁力で総入れ歯を固定します。

今回、私の担当のTさんは、4本のインプラントでボールタイプを選択されました。
先日、無事インプラントに金具を取り付けることができました。
今は、入れ歯にホックを取り付けて完成を楽しみにしています。

Tさんが噛むことに満足していただけ、笑顔で食事を楽しんで頂けることを願っています。
次回は、そんなTさんのお話を紹介したいと思います。

暦は立春が過ぎましたが、まだまだ寒い日が続きそうです。
体調を崩さないように、毎日を過ごしてください。



投稿者 早野歯科医院

カレンダー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31