早野歯科医院ブログ

2014年8月20日 水曜日

インプラントと喫煙ー大垣市の早野歯科医院では、喫煙のリスクをお伝えしています。

こんにちは (*^_^*)歯科衛生士の田中です。
毎日、スッキリしないお天気が続いています。気持ちがめげそうです。そんな中、全国高校野球の熱戦が毎日続いています。岐阜県代表の大垣日大の1回戦の劇的な試合には感動しました。『最後まであきらめない!!』を私たちに伝えてくれました。残念ながら2回戦は負けてしまいましたが、とても素晴らしい試合をありがとう!!心が、気持ちが熱くなりました。
さて、今日は、インプラントとタバコ、禁煙のお話をします。
インプラント治療をうける方には、禁煙をお勧めしています。インプラント治療の禁忌とまではいきませんが、喫煙はインプラント治療の失敗原因のひとつになります。どうして喫煙が、失敗の原因になるのか?
◆感染のリスクが高くなる・・・タバコは免疫力を低下させます。ニコチンは、免疫を働かせている白血球の作用(細菌と戦い退治する)を低下させるため、歯肉に炎症が起こりやすくなります。
◆インプラントと骨が結合しにくくなる・・・タバコの主成分であるニコチンは、血管を収縮させ喫煙により発生する一酸化炭素は血液が酸素を運ぶ力を弱くし血流が悪くなります。そのため、インプラントを支える骨や歯周組織が弱ってインプラントが外れてしまいます。
◆歯周病やインプラント周囲炎になりやすくなる・・・喫煙により血流が悪くなると唾液の分泌量が低下します。自浄作用がある唾液が少ないと細菌が増えて歯周病になりやすくなります。インプラント手術でできたキズが開いてしまった例もあります。キズが開いてしまうと、場合によってはインプラントが脱落するきっかけとなります。
喫煙者は、非喫煙者と比べて歯周病やインプラント周囲炎になるリスクが高くなります。と、考えられます。インプラント治療が終わってメンテナンスに入っても、タバコは控えて頂くことが大切です。タバコを吸い続けることによってインプラントの寿命は確実に短くなります。
インプラントだけに言えることではありません。歯周病にも喫煙は大きく関係しています。楽しく食事をするためにも、楽しく会話をするためにも、自分自身の健康を維持するためにも歯はとても大切です。ぜひ、禁煙を!!




投稿者 早野歯科医院

カレンダー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31