早野歯科医院ブログ

2014年10月 3日 金曜日

欠損ドミノ ― 皆様のお口の健康について考える大垣市の早野歯科医院

こんにちは。happy02
歯科衛生士の田中です。
御嶽山の噴火のニュースにはとても心が悼みます。

今回は"欠損ドミノ"についてお話をしたいと思います。

「欠損ドミノ」ってご存知ですか?

1本の歯を失うことで、ドミノのように次々とお口の中の環境が悪化し、
全身の健康にも支障が生じてしまう悪循環のことを言います。



まず、虫歯や歯周病によって歯を1本失います。
多くの場合、ブリッジや入れ歯で対応します。
そしてブリッジや部分入れ歯によって周りの健康な歯に負担がかかり、歯を失うことになります。

噛み合わせが大きく乱れ、お口の環境がさらに悪化し、次々と歯が失われます。
そして、噛むことができなくなり生活習慣病や様々な全身疾患を招いてしまいます。

「噛む」ことは食べ物の消化を助けたり、脳への刺激を与えたりして、とても重要なのです。
「歯が痛い」「歯がグラグラする」「歯がない」ことで噛むことができなくなってしまうと、
満足に食事ができなくなります。
肥満や糖尿病、高血圧などの症状がはじまり、心筋梗塞や脳卒中、認知症などになってしまいます。
1本の歯を失うことは「欠損ドミノ」のきっかけとなっているのです。

肥満・高血圧・高血糖の生活習慣病を予防するためには、
生活習慣の改善が重要です。
食生活の見直しや運動不足の解消で予防できます。

食生活の改善を考えた時、"物をよく噛める"ということが大切です。
そのためにも歯を失わないことが重要と考えられます。

噛むこと=健康と考えてもよいと思います。
日頃から歯を大切にし、しっかり噛むことを心がけ健康を維持しましょう。

欠損ドミノにならないには「歯を失わないこと」です。
予防によってお口の中の環境を健康に保つことが大切です。

しかし、歯を失いはじめてしまったら、どうしたらよいのでしょう。

欠損ドミノにストップをかけたいのは当然です。
その場合、インプラント治療という方法があります。

部分入れ歯やブリッジでは固定する歯に負担をかけてしまったり、噛む力が十分でないことがあります。
インプラントをすることで、健康を維持し、食生活を充実させることができます。

何よりも歯を失わないことが一番大切だと思います。

 


投稿者 早野歯科医院

カレンダー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31