早野歯科医院ブログ

2014年12月 3日 水曜日

第7回 日本国際歯科大会 2014 歯科衛生士シンポジウム-岐阜県大垣市の早野歯科医院のスタッフが参加しました




こんにちは、歯科衛生士の田中です。

月日が経つのは早いものですね。いつに間にか12月になってしまいました。師走です。
ただでさえ忙しくなる「師走」。衆院は、解散され2日に衆院選公示されました。慌ただしさに拍車がかかりそうですね。

少し前になりますが、10月12日パシフィコ横浜で『第7回 日本国際歯科大会 2014 歯科衛生士シンポジウム』が開催されました。

≪インプラント治療における歯科衛生士の役割:粘膜炎とインプラント周囲炎を予防する≫のスウェーデンのスーザン・リンドグレン先生の講義を聞くことを楽しみにしていました。

スーザン・リンドグレン先生<スーザン・リンドグレン先生>

残念ながら来日できなくなってしまいました。が、インプラント治療患者様が安心して日常生活を送ることができる口腔衛生を支援することの大切さや指導方法をVTRで教えて頂くことができました。

その後、≪メンテナンスのカギは「応用力」≫と題して」柏井伸子先生の講義を聞くことができました。

インプラント治療後のメンテナンスには、歯科医師、歯科技工士、歯科助手、そして歯科衛生士というチームメンバーが協力し、ひとりひとりが最高のパフォーマンスを発揮し合いながら十分な連携や役割分担を確立することが大切だと学びました。

患者様には、さまざまな事情があり個人差もあります。
ひとりひとりの患者様の健康を守りたい!と私たちは常に考えています。
ひとりだけの力では限界があります。いつも私のまわりには手を貸してくれる頼もしい仲間がいます。
とても心強く安心です。そして何より、スタッフ全員が患者様のことを理解しようとしています。
インプラント治療だけではなく、全ての患者様に私たちスタッフ全員チームでアプローチしています。

これから寒さが厳しくなります。風邪など引かないようにご自愛ください。

投稿者 早野歯科医院

カレンダー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31