早野歯科医院ブログ

2015年1月17日 土曜日

「世界水準のインプラント」-を読んで。インプラント治療と健康。

こんにちは!!寒い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか?
私は年始からインフルエンザになりダウンしておりました( ;∀;)まだまだ流行しているようなので
どうぞお気をつけください☆

インプラントの知識を深めるために本を読みましたので少し紹介したいと思います。

「世界水準のインプラント」より...歯の治療は自分への投資。
・日本人は健康への意識が低すぎる
 虫歯があっても、歯並びが悪くても、平気な人がいます。
しかし欧米では、喫煙や肥満と同様、歯が悪いのを放置するのは論外です。
日本は世界有数の精神国でありながら、いまだに健康に対する意識が低い。
悪い歯を放置して平気なのは、その表れです。

日本人もそろそろ、本気で健康に対する意識を持たなければならない時代が来ていると思います。
健康を害していると身体的な充足感はもちろんのこと、精神的な充足も得ることはできません。
その結果、無気力的な社会生活を営んでいる人が多いことか。幸せに生きるすべての源は、健康にあります。
その意識の転換ができれば、歯の治療に対する考え方も変わってくるでしょう。
私は歯のない人が社会で生き生きと活動しているのを見たことがありません。歯のない人が社会的地位を得て、
社会に貢献している姿を見たことがありません。
お口の状態とその人の社会性はリンクしているのです。逆にいえば、歯科治療に対する意識の持ち方によって、
その人の社会における位置づけも決まっていきます。

この本を読んで、お口の中と歯と全身の健康、そして社会生活との関わりについて改めて考えることができました。
まずはお口の健康をしっかりと意識して生活していきたいものです。


                                          歯科助手 金澤。
   



投稿者 早野歯科医院

カレンダー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31