早野歯科医院ブログ

2015年3月13日 金曜日

歯を失う理由 大垣早野歯科医院

こんにちは。歯科衛生士の野原です!

今回はインプラント、天然歯を失う理由の事についてをテーマにしていきたいと思います。

まず天然歯を多くの失う理由として、歯周病、虫歯がほとんどと言われています。

一位は歯周病
二位は虫歯です、

まずはどうしたら虫歯歯周病になるかを説明していきたいとお舞います!

■むし歯の発生原因

むし歯は、お口の中の細菌や糖分の摂取、歯の質が悪い状態で重なって発生します。むし歯菌は、歯垢を住みかとしているので、毎日の歯みがきでしっかりと歯垢を取り除くことが大切です。

■歯周病の発生原因

歯と歯ぐきの境目に歯垢や歯石がたまると、その中にいる歯周病菌が歯ぐきに炎症を引き起こします。さらに、次のさまざまな要因が加わると、歯ぐきの出血や腫れが続き、歯を支えている骨が溶かされてついには歯が抜けてしまうことにも。

●細菌因子
歯周病菌をかかえこむ歯垢が原因
●環境因子
喫煙、ストレス、不規則な生活などの生活習慣
●老化や遺伝的要因
老化や遺伝などに加え、糖尿病や肥満、
骨祖しょう症など歯周病予防のためには歯みがきはもちろん、喫煙やストレス、不規則な生活に注意することも大切です。

インプラントは充分なケアなしに維持することはできません。
実は、インプラントを失う理由の多くは「不十分なケア」や「事故」といったもの。
つまり、天然歯を失う理由とほぼ同じなのです。そのため、インプラントを長持ちさせるためには、「そもそもなぜ天然歯を失ってしまったのか」を把握することが重要です。

その原因を解消しなければ、同じ理由によってインプラントを失ってしまう可能性があるのです。


早野歯科医院では、治療前のカウンセリング時などに患者様の生活を詳しく伺い、その中で歯を失う原因になり得るものを判断し、その改善に努めます。

まずは天然歯を失わないように、一緒にがんばりましょう!!!

pic20150313233749_1.jpg

pic20150313233749_2.jpg

投稿者 早野歯科医院

カレンダー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31