早野歯科医院ブログ

2015年10月14日 水曜日

ドライマウス(口腔乾燥症) -大垣市の早野歯科医院のブログ

こんにちは(*^▽^*)
歯科衛生士の田中です。
秋桜があちこちで秋風に吹かれながら咲いています。
空は深く澄み渡りさわやかな季節となりました。
10月。神無月。
スポーツの秋!食欲の秋!読書の秋!です。
皆さん、お変わりなくお元気でしたか?

『ドライマウス(口腔乾燥症)』ってご存知ですか?
唾液が少なくなり、口の中が乾く病気です。何らかの原因によって唾液が出にくくなり、口の中が乾燥して、様々な症状が生じることをいいます。
『ドライマウス(口腔乾燥症)』自体は病気ではありません。唾液が出にくい、口が乾いていると自覚する症状のことをいいます
唾液は、口の健康な状態に保つための大切な役割をしています。
唾液が不足して"ネバネバした唾液"になると、口の中が乾くだけでなく、
口臭、むし歯、歯周病、口内炎など様々なトラブルになります。
さらには、身体全体の健康に欠かせない免疫力が低下してしまいます。
唾液が不足する原因として、加齢、ストレス、薬の副作用、生活習慣の乱れ、更年期障害、喫煙、食生活の乱れなどが考えられます。

次のチェック項目に3個以上当てはまると要注意です。
 □朝起きたとき、口の中がネバネバしている
 □よく噛まずに食べる癖がある
 □口臭が気になる
 □ストレスを感じることが多い
 □刺激の強いマウスウォッシュを使用している
 □お酒、たばこが好き
 □歯肉がよく腫れる
 □歯磨きは朝食後に行う
 □歯磨きをすると出血することが多い
 □口の中がカラカラになる
皆さん、いかがでいたか?

唾液は、次の3つの口の中の環境を整えいろいろなトラブルから守ってくれます。
【保湿】
口の中の粘膜を乾燥から守る
味覚を守る
口の中の食べかすを洗い流す

【プラーク(歯垢)コントロール】
口の中の殺菌
プラーク(歯垢)増加を防ぐ

【pH(ペーハー)コントロール】
pH(ペーハー)を中性に保ち虫歯菌や歯周病菌の増加を防ぐ

唾液の不足による『ドライマウス(口腔乾燥症)』。サラサラな唾液がネバネバの唾液になってしまい口の中の環境が悪化!

インプラントは大丈夫ですか?

乾きが気になった時にお勧めします。"ナガセオラコンティCL2(洗口液)"。



手がカサカサの時、ハンドクリームで保湿しますよね。
口の中も同じです。乾いている時は、ぜひ、保湿を!
"ナガセオラコンティCL2(洗口液)"は、合成界面活性剤を使用せず、アルコールフリーの口に優しい安心して使用して頂ける洗口液です。
私も最近、おしゃべりをしていて、口の中がカラカラに乾いてしまってビックリしてしまいました。それから、私も使用しています。

日ごとに秋冷の加わる頃、風邪をひかないようにしてくださいね。

投稿者 早野歯科医院

カレンダー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31