早野歯科医院ブログ

2016年8月 2日 火曜日

インプラントの歯みがき-大垣市の歯科医院 早野歯科がお伝えします

こんにちは、早野歯科医院の石原です!
最近、お電話で「インプラントしているんだけど、普通の歯みがき粉はやめた方がいいと言われたけど、なぜ?」という問い合わせがありました。今回は、そのなぜ?を簡単にお答えしたいと思います!

以前のブログにも書かれていますが、インプラントの金属には「チタン」と言われるものが使われています。骨と完全に結合することから、使われるようになりました。
このチタンですが、酸化するとインプラントの腐食が起こります。インプラントの腐食により、インプラント周囲炎などのトラブルを引き起こす可能性が増えていくのです。
その腐食の原因のひとつが、「フッ素」と言われるものです。虫歯予防で、一般的な歯みがき粉にはよく入っているので、聞きなじみがあると思います。フッ素の酸性が、チタンのインプラント体の表面を覆っている酸化膜を壊してしまう可能性が高いと言われています。ですので、フッ素が入っている一般的な歯みがき粉は、インプラントには控えた方がいいと言われるようになったのです。また、研磨剤も入っていることから、上部構造と言われる被せものに当たる部分なども傷つけやすい、ということもありますね!

早野歯科医院では、インプラントの方のために、『ジェルコートIP』をご用意しています。フッ素が入っておらず、研磨剤も入っていないジェルタイプです。感染に弱いインプラントの為の、殺菌効果・歯茎の活性化に適した歯磨き材です。



インプラントの方は、ぜひ『ジェルコートIP』でケアしていきましょう!
そして、専門的なメインテナンスで、より安全・安心なアフターケアで長くインプラントを保っていきましょう!

投稿者 早野歯科医院

カレンダー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31