早野歯科医院ブログ

2013年12月25日 水曜日

インプラントトラブル3-インプラントを正しくご理解頂くために

インプラントトラブルに対して、当院がどのように対処しているか?
まずは、起こさないことですよね。
幸い、当院のインプラントトラブルはゼロです。

1.埋入時の事故
2.インプラントが付かない
3.インプラント周囲炎等で脱落する



いずれもありません。
理由は簡単です。
インプラントをやりたい患者様に、インプラント治療が可能かどうかをよく検討した上でダメな場合はお断りし、上手く出来そうな患者様にのみに、インプラント治療を実施しているからなのです。
つまり、CTをはじめとする術前の検査をしっかり行い、患者様のコンディションを充分踏まえた上で提案しています。

ムリにお勧めすることは、ありません。
当院において、インプラントは患者様の噛み合わせとか見た目を回復する1つの有効な方法であると位置付けております。

インプラント治療をお考えの方は、是非ご相談ください。

>>続きを読む

投稿者 早野歯科医院 | 記事URL

2013年12月24日 火曜日

☆Marry Christmas☆彡。ーインプラントのことなら大垣の早野歯科医院へ

こんにちは!
歯科衛生士の田中です。
今日は、クリスマスです。
メリークリスマス!!
Marry Christmas!!
サンタクロースはやって来ましたか?
、、、ひょっとして、今日はサンタクロースに変身ですか?\(○ `O´ ○)/トゥーー!!
ある尊敬するドクターのお話をしますね。
5歳になるとっても可愛い女の子のパパです。
彼女は、『サンタさんがプレゼントを届けてくれる』と信じています。
サンタパパは、毎年ベランダから現れます。
風の強い日、雪が降る日もサンタクロースの格好をして寒い寒いベランダで
ずーっと登場できるのを待つのです。
奥様の合図で、「メリークリスマス!!」と部屋に入ります。
そして、最高の笑顔を彼女からもらうそうです。
ドクターは、サンタパパは、今年もベランダで待つのでしょうか。
奥様のお話では、毎年サンタ姿が本物に近づいて来たそうです。
登場の仕方もユニークで年々サンタパパは成長しているそうです。
さて、今年もアメリカに住んでいる友人から、クリスマスカードが届きました。
毎年、必ず送ってくれます。
その友人がインプラントをしていると知りました。
アメリカでは、歯並びや歯の状態が、その人の人格や社会的地位の評価につながるそうです。
友人は、日本よりも硬い物を食べることが多いアメリカでも快適な食生活を送っているそうです。
最近、同級生から、歯がグラグラになってきちゃった!どうしよう?!と相談されることが多くなりました。
インプラントを紹介していますが、インプラントがいちばん!というわけではありません。
『入れ歯』という選択肢もあります。
『入れ歯』ということばを耳にすると、少し寂しい気持ちになってしまいます。
『入れ歯』にならないように、定期検診、メンテナンスを受けていつまでも自分の歯で噛むことを楽しみましょう。


投稿者 早野歯科医院 | 記事URL

2013年12月19日 木曜日

歯と歯の間のお掃除に‐早野歯科医院がインプラントにおすすめの歯間ブラシ

こんにちは、冬の長雨が続きますね。体調を崩されてなどいませんか?

皆様は普段の歯磨きの際、歯ブラシ以外に使っている道具はありますか?
歯間ブラシ、フロス(糸ようじ)、ワンタフト(ポイント)ブラシ...色々ありますよね。
当院でも患者様に合ったツールをご紹介させていただいていますが、インプラントをされた方にもおすすめの歯間ブラシのお話をさせていただきたいと思います。

通常の歯間ブラシはブラシの部分がワイヤーで出来ているものが多いですが、こちらのものはワイヤー部分をウレタンでコートしてあります。
インプラントはチタンという金属で出来ていて、異なる金属同士がすれ合う時に発生する『ガルバニック電流』が起こる場合があります。それを防ぐため予め金属部分を覆ってある品です。
その他にも、全面柔らかいスポンジのような繊維で出来ている『スーパーフロス』など、様々なポイント清掃用具を取り揃えています。
たくさん種類があるけど、何を使ったらいいのか分からない...そんなことよくありますよね。当院へお越しの際は、スタッフにお気軽にお尋ねください☆
あなたに合った一品をおすすめさせていただきます。

投稿者 早野歯科医院 | 記事URL

2013年12月11日 水曜日

歯って大切!!-歯を失ったら大垣市の早野歯科でインプラントを。

みなさまこんにちは(^-^)
すっかり寒くなってしまいましたね...
秋も短く冬になってしまいました(._.)



これはわたしの今日のお昼ごはんです...
明日検査のために決められたキットのものを
食べております(;_;)

朝はおかゆとお味噌汁
お昼はカロリーバーとゼリーと紅茶
夜はポタージュスープです...

おなかぺこぺこで
あしたまで乗りきれるか
心配です(@_@)

食べられる幸せを
身に染みて感じております...

やっぱり健康が1番ですよねっ★

早くおいしいものをたっくさんたべたいです!!

食べる楽しみのためにも
歯は大切にしたいですね!!

みなさまも
お体大切に(^_^)/~~

投稿者 早野歯科医院 | 記事URL

2013年12月11日 水曜日

インプラントトラブル2-より詳しくインプラントを理解いただく為に

インプラントのトラブルについて再び書きます。
前回NHKのクローズアップ現代で取り上げられた影響が大きかったと書きましたが、この番組についてもう少し詳しく説明します。
番組は「自分の歯でしっかり噛む喜びを取り戻せるという治療方法インプラント。顎の骨に金属を埋め、人工の歯を取り付けることで噛む力を飛躍的に向上させます。
...ところが今、手術の際に神経を傷つけたり、骨を付きぬけたりして激しい痛みが残るなどのトラブルが急増しています。手術中に顎の動脈が切れ、患者が死亡する事故も起きました。
...というふうに始まっております。そして原因としては「腕の未熟な歯科医師がお金儲けのために自分の技量では難しい症例にまで手を出した結果、事故が起こる」としております。
最後の結びについてはアナウンサーが、小宮山彌太郎教授(インプラントの第一人者)に
『今の時点でインプラントをする際、どのような歯医者を選べばいいですか』と質問し、小宮山教授は、

『1.事前に各種検査をしてくれる
 2.結論を急がせない
  自分でメリット・デメリットをよく理解した上で受ける。
  納得できない場合は、セカンド・オピニオン、サード・オピニオンを提案してくれるところを選ぶべきだ』
と言っておられます。

この番組で述べられていることを逆に考えると、
『インプラントは、それを必要とする患者様に、各種検査をしたり、体調等をしっかり把握した上で手術可能であれば提案し、じっくり検討し納得していただいた上で、高い技術を持った歯科医師が施術を行えば安全になんでも噛めるお口を手に入れることができる優れた治療法である』
ということが言えるのではないでしょうか?




投稿者 早野歯科医院 | 記事URL

カレンダー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31