早野歯科医院ブログ

2014年6月10日 火曜日

インプラント治療とお口の中のトラブルー地域に貢献するインプラント治療は早野歯科へ

こんにちは(*^_^*)歯科衛生士の田中です。
暑い日が続いていますが、体調は崩していませんか?睡眠をとり身体を休ませてくださいね。
今回は、何を話そうかなと悩んでいたとき、インプラント治療を数年前に行い毎日快適に食生活を楽しんでいた知人からメールが届きました。「最近、口の中が渇くんだよね、暑いからかな?話てると、アワアワの唾が出てくるんだよ・・・」と。
高血圧のため血圧を下げる薬を何年も服用していることを知りました。更年期障害はなんだか辛そうです。口の中が渇くのは、暑さが原因ではないと考えられます。
血圧を下げる薬には、唾が出にくくなることがあります。更年期障害も重なっての症状と考えられることを伝えました。彼女はすぐにインプラントのことを心配しました。
唾が出なくなることは、口の中が乾燥するということ。乾燥すると菌が増殖しやすくなり歯周病、虫歯が進行します。粘膜にもトラブルが起きます。
幸い彼女は毎月真面目にメンテナンスを受けています。自分の身体の変化に気づくこともできました。
自分のリスクを理解して、担当衛生士のアドバイスを素直に聞き上手に症状と付き合うことを勧めました。
もちろん、内科の先生には、何か改善策はないか相談することが第一です。唾液腺のマッサージも効果的だと話しました。
口の中が渇く、『口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう)』と考えられます。口の中が渇く(口渇といいます)のは、水分の摂取量が少なかったり、急激に多量の水分が失われた時(たとえば激しい運動時)に生じます。慢性的に水分の摂取量の不足が続く場合は、全身的な疾患や何か重大な障害(たとえば腫瘍による嚥下障害)が考えられます。大量に水分を喪失する場合としては、高熱による多量の発汗や糖尿病による多尿など、原因となる重大な疾患があり、脱水の結果として口渇が生じます。抗ヒスタミン薬や制酸薬、降圧薬や向精神薬の服用でも唾液の分泌は少なくなります。鼻づまりによる口呼吸は口腔粘膜の乾燥を促し、義歯が唾液の分泌を抑制する場合もあります。また、シェ―グレン症候群でも、唾液腺の分泌機能が著しく障害されるために口腔の乾燥(口腔乾燥症)がみられます。この病気では、同時に涙の分泌量も減少し、目の乾燥も見られます。
治療には、シュガーレスガム、レモンなど唾液分泌を促進させるものを摂取する。人工唾液で唾液を補充するなどの対症療法が効果的です。近年、唾液分泌を促進させる薬剤である塩酸セビメリンが開発され、高い効果を認めています。

インプラントの有無に関わらず、毎日の歯磨き、毎月のメンテナンスを受けて、お口の中が快適に過ごせれるように、楽しい食事ができるようにしてください。

※追伸※ 口腔内の保湿、潤いに『オラコンティ』をお試しくください。


投稿者 早野歯科医院 | 記事URL

2014年6月 7日 土曜日

インプラントケア用の新しい歯ブラシが出ました!-大垣市の早野歯科医院が新製品入荷のご案内をいたします


こんにちは、歯科助手兼受付の佐藤です。
前回、インプラントは埋入したらそれで終わりではなく、定期的なメインテナンスを受けていただくことで長くお付き合いできるということをお伝えしたかと思います。
インプラントはチタン製のため、ケア用品の一つである歯間ブラシ選びも、インプラント向けのウレタンコーティングされたものがあるということも以前書きましたでしょうか。
先日、GCさんから新たにインプラントのメインテナンス専用の歯ブラシがラインナップに加わりましたのでご紹介させていただきます!

その名も『ルシェロ歯ブラシ I-20 インプラント』!

歯ブラシの毛先が届きにくいインプラントの周囲溝にも届き、デリケートなインプラント周囲粘膜を傷つけないやわらかなハイブリッド極細テーパー毛と、ルシェロシリーズではおなじみの先端集中毛でしっかり磨いていただけます。
これ一本でご自分の歯も磨けますので、インプラントの箇所だけはブラシを替えて...という必要はありません。
先月より取り扱いを始めておりますので、お気軽にお問い合わせください。

歯科医院での定期的なプロフェッショナルケアはもちろん、皆さんご自身の日々のセルフケアが健やかなお口を保っていくためには必要です。
お口の中はそれぞれ一人ずつ違うものですから、一人一人の口腔内に適したケア用品をおすすめさせていただきますね。

投稿者 早野歯科医院 | 記事URL

2014年6月 4日 水曜日

お顔の筋肉を鍛えましょう!ー大垣市にある歯医者、早野歯科医院です。当院はお顔のエステもやっています!

こんばんは。6月になり梅雨の季節になりました。
明日は大雨になるという噂・・・。天の恵みとしてありがたく思いながら、長~く続きませんように・・・とも思ってしまいますね。ジメジメしませんように!

今日は、当院のエステをあらためてご案内したいと思います!
今回エステをご案内したかったのは、5月からメニューチェンジがあり、「一新」したからです!

今までもがんばってくださった方々から、「目元が変わった!」「口元のしわが気にならなくなってきた」などというお言葉をいただいていましたが、それがパワーアップ!しました。



分かりますでしょうか?
当院のスタッフにお願いして、モデルになってもらいました(笑)
今回から、「口輪筋」という口元に集中している筋肉を鍛えることで、お顔の改善をしていこう!という形になっています。今までエステに通っていらっしゃった方も、「いままでよりスッキリした」とか、「自分でもコリがわかる!」というようなお言葉を頂き、効果がより出ている方もいらっしゃいます。

私が担当させて頂いているお客様で、インプラントを入れられた方がいらっしゃいます。
その方はインプラントが入る前は、どちらかというとお顔の筋肉も弱く、柔らかい感じで、なかなか鍛えるのも難しい感じでした。
しかしインプラントが入った後に初めてエステに入った日、お顔に「コリ」を感じたのです。これは、お顔の筋肉を使ってこそできるものなので、お客様にとって、「インプラントを入れて、噛めるようになった」ことで、お顔の筋肉を鍛えることになり、「コリ」という形でその効果が表れてきたのだと思います。
このお客様も、これをきっかけに、これからどんどんお顔が変わっていくのでは?!と、私も期待しています。

お顔にたるみがある方は、お顔の筋肉が弱っていて使えていない可能性が非常に高いです。そのきっかけのひとつが、お口の中の環境の変化にあると私は考えます。例えば、右の歯が虫歯になって治療中・・・、となると、おそらく食べるときに左ばかりで噛んでしまう方も多いと思います。その状況が長く続けば、左のお顔の筋肉ばかりが発達して、右のお顔の筋肉はたるんでいく・・・左右のお顔のゆがみにつながります。実際に今まで、私のお客様にも何人かそういう方がいらっしゃいました。
「お顔の悩み」は、お顔だけじゃなく、「お口の中にある」可能性も高いので、今もしお顔の悩みがある方は、一度お口の中の状況を見てみてください。もしかしたら、改善のきっかけになるかもしれません!

その時はぜひ早野歯科医院でお口の中をきれいに整えて、エステでお顔もきれいに整えていきましょう♪

エステ担当 石原でした!

投稿者 早野歯科医院 | 記事URL