早野歯科医院ブログ

2014年12月28日 日曜日

インプラントの始まり歯科 大垣の早野歯科医院




こんにちは。
インプラントはいつからどのようにできたかご存知ですか?
インプラントについて勉強しているうちに気になり調べてみました(^^)


実はインプラントの始まりは貝なのです!!

ヨーロッパでは紀元3世紀頃の人骨の上あごに鉄製のインプラントが、中南米では紀
元7世紀頃の人骨の下あごに貝で作られたインプラントが発見されており、とても長
い歴史をもっています。その後、金やエメラルド、サファイア、アルミニウムなど
様々な素材を埋め込んだ治療が行われましたが、どれも長期的に噛めるものではあり
ませんでした。

現在のインプラント治療の礎の発見は、偶然によるものでした。
1952年にスウェーデンの学者であるペル・イングヴァール・ブローネマルク教授
(1929年~)は、微細血流の研究のため、ウサギの骨にチタン製器具を埋め込んだ実
験を行っていました。研究終了後に埋め込んだ器具を取ろうとしたところ、骨としっ
かりと結合し、取り出すことができませんでした。基礎研究を進めるなかで、チタン
は身体に対して有害な作用を及ぼしにくい特性があることもわかりました。

※ごく稀にチタンアレルギーを持つ方もいます。不安な方は歯科医師に事前に相談し
ましょう。


インプラント治療は、成功率を飛躍的に向上させ、1980年ごろにはその評価が世界的
に広まりました。以降、失った歯を補う方法の一つとして、世界中の歯科治療で取り
入れられています。
このブローネマルク教授の最初のインプラント治療を受けた患者様は、お亡くなりに
なるまで41年間お口の中で機能し続けたそうです。

歯科衛生士の錦見でした♪



pic20141228080916_1.jpg

投稿者 早野歯科医院 | 記事URL

2014年12月27日 土曜日

インプラントにはぜひペリオブラシを★

みなさまこんにちは(^-^)
今年も残りわずかになりましたね…
来年はもっと充実した
1年にしましょうね(*^o^)/\(^-^*)



さて…
こちらのブラシをみなさまご存知ですか?
ペリオブラシといいます★
歯科衛生士福田の最近のお気に入りです(*^^*)
毛が細くてたくさんで長くて…
インプラントの歯みがきにピッタリなんです!!!

以前お話させて頂いたことがあるとは思いますが
インプラントの構造は
棒軸に丸いものが被さっているような
かたちになっています。
マイクのようなイメージです。
棒軸と丸の境目が
ちょうど歯ぐきとの境目になるのですが
ここが汚れがたまりやすいです!
汚れがたまると
インプラントの周りの歯ぐきが病気になって
インプラント抜けてしまう可能性もでてきます!
なのでインプラントの周りは
特に清潔を保ちたいのです!!!

そこで便利なのが
ペリオブラシですっ\(^_^)(^_^)/
先程お話したように
毛が細くてたくさんで長いので
棒軸と丸の境目のくぼみに
毛が入りこんでくれます!

いざ入れ込んでみると…
歯垢と呼ばれているバイキンの塊が
たくさんとれます!

わたしたち歯科衛生士は
機械を使うことができるので
簡単にとれますが
毎日のお家のケアでは
そんなことできませんよね…

実際に患者様に使って頂くと
歯ぐきの赤みが減った方や
出血がなくなった方が多いです★
インプラントだけでなく
奥歯や繋がった被せものにも
おすすめです(^^)v

患者様の実際の声としては…

使いにくい
が本音です…
毛が長いぶん毛がしなってしまうので
磨けた気がしないそうですφ(..)
ただみなさま効果を実感して
継続して使って頂いています★

せっかくいれた高価なインプラントですから
一緒に守っていきましょうね!!!
ぜひお試しください★★



歯科衛生士 福田でした♪

imgG53140379_1419633126448

投稿者 早野歯科医院 | 記事URL

2014年12月21日 日曜日

メインテナンスの重要性-インプラントがある方もない方も。早野歯科医院の定期健診。

おはようございます。すっかり冬になりましたね。助手の佐藤です。
今日も今からセミナーのために東京へ向かっている道すがら、先日スタッフほぼ全員で参加した横浜のデンタルショーでのプチセミナーの話をしたいと思います。
幾人もの先生が同時に講義をされているところへ、興味がある内容のものを聴きに行くという方式だったのですが、私は歯ブラシの選び方と患者様への接遇、個別のメインテナンス計画の立て方などを選択しました。衛生士さん向けの講義内容だったものもあって難しい点もありましたが、改めて定期健診、メインテナンスや使用する道具の大切さを学びました。
当院でも、前回も書きましたがそれぞれのお口の中の状態に合わせて1~3ヵ月毎のメインテナンスをおすすめしています。ケア用品も各種取り揃えています。
健康な口腔内を保つためには、毎日のセルフケアと、自分では手が回らない部分をカバーするプロによるケアが重要です。インプラントが入っている方もそうでない方も等しくそうです。
また、人はそれぞれ歯の質も違えば生活習慣も一人一人異なります。メインテナンスに通っていただいている方はご存知かもしれませんが、「お変わりありませんか?」とお聞きしています。各々に最適なクリーニングをさせていただくために、どんな些細なことでもお伝えいただければ幸いです。
特にお薬を飲まれている方は、こんな薬を飲み始めた、薬の種類が変わった等、担当のスタッフにお知らせください。メインテナンス中の方のみならず、全身の健康に関わってくる件なので、よろしくお願いします。

これからもセミナーなどに参加し、より知識を深めて皆様に新しい情報をお届けしていきますね。
そろそろ乗り換えなのでこの辺で失礼します<(_ _)>

pic20141221072307_1.jpg

投稿者 早野歯科医院 | 記事URL

2014年12月11日 木曜日

次回のインプラント相談会

pic20141211225600_1.jpg

こんにちは、
コーディネーターの村瀬です★

次回のインプラント相談会の
日にちが決まりましたので
お知らせです*\(^o^)/*
次回は2月28日(土)18時半〜
当院にて開催いたしますので
ぜひお気軽にご参加ください!
ただし、ご予約制になりますので
お電話またはスタッフまで
お声がけをお願いします(^_^)


最近も何らかの理由により
歯を失ってしまったため
インプラントか被せ物か入れ歯
という選択をしなければ
ならない方とお話をする機会が
多々あります(*^^*)
その方のお口の中の状態に
最適なものを選択して
頂けるようにと日々勉強です!
それぞれ長所短所もありますが
あくまでご自身の歯をできるだけ
再現するための手段として
とらえて頂きたいです٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
それを入れた後、良くも悪くも
していくのはご自身の生活
習慣だということです!!!!
歯周病がひどい方は治療をしたり
ケアの方法を変えて行く必要が
あります。虫歯の人も治療とともに
虫歯になりにくい口腔内環境を
作る必要があります。
全てはご自身のやる気と行動力です!
ただ、自分だけでも考えきれ
なかったり甘えてしまうので(′︿‵。)
だからこそ!私たちスタッフと
一緒に頑張れたらと思います★
色んなことをこれからも
一緒に考えていきましょうね♫
よろしくお願いします!

投稿者 早野歯科医院 | 記事URL

2014年12月 3日 水曜日

第7回 日本国際歯科大会 2014 歯科衛生士シンポジウム-岐阜県大垣市の早野歯科医院のスタッフが参加しました




こんにちは、歯科衛生士の田中です。

月日が経つのは早いものですね。いつに間にか12月になってしまいました。師走です。
ただでさえ忙しくなる「師走」。衆院は、解散され2日に衆院選公示されました。慌ただしさに拍車がかかりそうですね。

少し前になりますが、10月12日パシフィコ横浜で『第7回 日本国際歯科大会 2014 歯科衛生士シンポジウム』が開催されました。

≪インプラント治療における歯科衛生士の役割:粘膜炎とインプラント周囲炎を予防する≫のスウェーデンのスーザン・リンドグレン先生の講義を聞くことを楽しみにしていました。

スーザン・リンドグレン先生<スーザン・リンドグレン先生>

残念ながら来日できなくなってしまいました。が、インプラント治療患者様が安心して日常生活を送ることができる口腔衛生を支援することの大切さや指導方法をVTRで教えて頂くことができました。

その後、≪メンテナンスのカギは「応用力」≫と題して」柏井伸子先生の講義を聞くことができました。

インプラント治療後のメンテナンスには、歯科医師、歯科技工士、歯科助手、そして歯科衛生士というチームメンバーが協力し、ひとりひとりが最高のパフォーマンスを発揮し合いながら十分な連携や役割分担を確立することが大切だと学びました。

患者様には、さまざまな事情があり個人差もあります。
ひとりひとりの患者様の健康を守りたい!と私たちは常に考えています。
ひとりだけの力では限界があります。いつも私のまわりには手を貸してくれる頼もしい仲間がいます。
とても心強く安心です。そして何より、スタッフ全員が患者様のことを理解しようとしています。
インプラント治療だけではなく、全ての患者様に私たちスタッフ全員チームでアプローチしています。

これから寒さが厳しくなります。風邪など引かないようにご自愛ください。

投稿者 早野歯科医院 | 記事URL